Menu
ショッピングカート

世界水泳カザン2015目前〜リオ五輪までにマークしておきたい米選手

投稿by Sol International Japan on

世界水泳カザン2015まで後数日に迫る中、先日アメリカ水泳連盟では一足先に、来年夏のリオ五輪へのオリンピックトライアル(米代表選抜)に向け、主要コーチ陣やアスリートを含めたディスカッションが行われた。

2時間近くにわたるディスカッションでは、それぞれの種目の現トップ選手、見どころなどが様々な角度から話し合われた。

そこで!2時間分のディスカッションを凝縮して、カザン世界水泳からリオ五輪にかけて、マークしておきたい選手を10枚のスライドでササッとカバーしてみたい。尚写真に出ている選手は、米代表コーチ陣が期待を寄せるアスリート達だ。

まずは,,,

自由形は何と言ってもケイティ・レデッキー。彼女は現在他種目で自由形首位を占めている。さらにレデッキーは現在女子選手で唯一、男子自由形のオリンピック選抜エントリーをきっているらしい。まさに自由形のクイーン!

 

男子自由形もやはり金メダリストが名を連ねている。

女子背泳ぎではお馴染みのバイゼル、フランクリンに加え、レイチェル・ブーツマには現在トップでは無いものの、コーチ陣からは彼女の伸びに多く期待が寄せられている。

平泳ぎの現クイーン、ローレンス。さらに、多くの期待を背負うラーソンに注目!

米男子平泳ぎといえばコーディス選手!ダントツです。

スチュアート選手(現100mトップ)は57秒台、アダムス選手(200mトップ)は唯一2分6秒台。

お馴染みのフェルプス選手、クラリー選手に加え今米男子バタフライで最も熱い男=シールズ選手。南カリフォルニア出身の期待の星だ。現在100mと200mで1位、2位を占める。コーチ陣からの期待も厚い。

ディスカッションでのゲスト選手でもあったバイゼル選手、チャーミングなトークの傍ら米チームベテランの威厳は未だゆるいでいないようだ。

ここは未だ熱い恒例バトルになりそうだ。フェルプスの国際試合完全復帰はまだ不透明だが、記録・順位的には復帰への勢いがうかがえる。

以上、今夏期のランキングを踏まえ後数日に迫るカザン世界水泳の観戦ネタにしてみても面白いだろう。


シェアする



← 古い記事 新しい記事 →


コメント 0

コメントする!